« 長崎上映会 | トップページ | 08年上映スケジュール »

2007年11月22日 (木)

「大利根」「板倉」上映会報告

大利根町でこれまでになかった試み

田中正造「映画と唄Img_268b_2Img_0265b_2つどい」が1110日(土)行われ、無事終了しました。最初に大利根町の演歌歌手、本多のぶ子さんが田中正造を熱唱、その後映画「赤貧洗うがごとき」を上映するという2部構成で、田中正造を存分に肌で感じてもらえたと思います。本多のぶ子さんは 「渡良瀬川情話―田中正造伝―」と「続―田中正造伝― 男一匹」を中心に、バックには映画のシーンを効果的に映写しながら5曲を迫力満点に歌い上げました。また何と大利根町、島田町長もお忙しいところ駆けつけていただきご挨拶いただきました。大利根町は利根川の南に位置しており渡良瀬川流域に比べるとどうしても正造の知名度は高くなかったのですが、本多のぶ子さんの歌とのコラボレーションということで何と計500名近い方々に足を運んでいただきました。町の多くの方々のお力で成功させる事ができ、誠にありがとうございました。また近くの街でもこの田中正造「映画と唄のつどい」を企画していく予定です。どうぞご期待下さい。

(プロデューサー金井信二)

鉱毒被害者救済の町で上映会

 大利根にImg_0281b_2続く11月17日(土)、群馬県板倉町での上映会が開催されました。板倉町は、すでに館林や藤岡町など、周辺での上映会が終了し、ドーナツの真ん中のように、上映会の「空白地帯」となっていました。

 上映会当日は、柳田ヒロさんの「足尾鉱毒唱歌」の熱唱があり、二回目・三回目には針ヶ谷町長のご挨拶もいただきました。

針ケ谷町長は、足尾鉱毒による被害者を救済するため、明治34(1901)年から海老瀬松本家に開設された「足尾鉱毒被害者救済第一施療所」など町の歴史にもふれつつ、正造さんと「町」の繫がりを強調されていました。

 大利根・板倉での上映会には合わせて700名以上の方々にご来場をいただきました。ご多忙の中、上映会に駆けつけていただいた、島田町長(大利根町)針ケ谷町長(板倉町)はじめ、ご来場いただきました皆様にあらためてお礼を申し上げますとともに、今後もご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

|

« 長崎上映会 | トップページ | 08年上映スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176667/17151314

この記事へのトラックバック一覧です: 「大利根」「板倉」上映会報告:

« 長崎上映会 | トップページ | 08年上映スケジュール »