« 正造が起つ | トップページ | 明和町上映会 »

2007年2月 5日 (月)

「上映とお話の会」報告

2月2日(金)東京母親大会連絡会の主催で「〝赤貧洗うがごとき"上映と米田佐代子さんのお話の会」がなかのZERO小ホールで開催され全体で700名のご来場をいただきました。

Img_0164b

 映画にも出演された女性史研究家で「平塚らいてうの家」を信州菅平に建てられた米田佐代子さんのお話は「らいてうと正造は会ったことはないが―本郷教会・木下尚江―という接点を持っており、思想的にも共通したもの」があり、「正造とらいてうは生命を守るということで響きあっていた」のであり、それは「女性は産む機械」という発言・思想とは対極にあるものだと看破され、大変感動的なものでした。

 「講演」の感動と映画の感銘が相乗的な効果をもたらしたのでしょうか、終了後に「すばらしい映画をありがとう」と声をかけて下さったお客様の数がいつもの上映会より多かったような気がしました。

Img_0165b

|

« 正造が起つ | トップページ | 明和町上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176667/13799752

この記事へのトラックバック一覧です: 「上映とお話の会」報告:

» 改憲派のテレビCMで「金で憲法を買う」手続を定める改憲手続法 [ 業務日誌]
全国の弁護士約1700名の団体である自由?~眞弔蓮◆峅髃蕺蠡核討鉾紳个垢覦娶?顱廚鯣坼修靴泙靴拭? テレビCMには少なくとも数億円の広告料が必要です。テレビCMが改憲国民投票に際して行われれば、財界が後ろ盾の改憲派が圧倒的に有利になることは明らかです。 自由?~..... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 17時22分

« 正造が起つ | トップページ | 明和町上映会 »