« 東京上映会など | トップページ | 佐野上映会(二日目) »

2006年9月27日 (水)

田中正造記念館開館行事

NPO法人「足尾鉱毒事件田中正造記念館」開館行事のお知らせです。

(記念館作成のチラシより)

と き:2006年10月1日(日) 10時~16時

ところ:NPO法人「足尾鉱毒事件田中正造記念館」Sep2701b

   〒374-0073 館林市足次61番地

   TEL/FAX:0276-75-8000

 (東武佐野線「わたらせ」駅下車徒歩2分―大きな看板があります)

開館記念行事

 その1 新作教材ビデオ「にんげん田中正造」試写会

 その2 「足尾鉱毒事件田中正造カルタ」完成発表会

 私たちが念願していた「足尾鉱毒事件田中正造記念館」がいよいよオープンします。

 12坪という小さい施設ですが、当時の写真や資料によって足尾鉱毒事件や田中正造について誰でもやさしく学ぶことができます。

 また詳しく調査研究したいという人のために、今まで出版された関係図書が整備されています。

 ほかにも記念館が独自に製作した教材ビデオも見ることができます。

 この記念館は、入場無料です。毎週火木土日、午前10時から16時まで開館しています。どうぞ、気軽にお出かけください。

                       記念館理事長 広瀬 武

記念館のこれからの取り組み

 11月3日(金)文化の日

  講演会「福沢諭吉と田中正造」 

   (安川寿之輔名古屋大学名誉教授)

  館林文化会館3号室 午後1時30分~4時 参加無料

  *1万円札の顔が、諭吉から正造へ逆転してしまうような驚きのお話です。

    乞うご期待。

 12月10日(日)

  映画会「赤貧洗うがごとき―田中正造と野に叫ぶ人々―」

  (以下「略」)

|

« 東京上映会など | トップページ | 佐野上映会(二日目) »

コメント

初めまして。御堂と申します。先日、「田中正造記念館」でトラックバックして頂き有り難うございます。

田中正造氏は小学校の時、国語の授業で習ったのが最初のきっかけでした。

今回、このような映画が製作されていたなんて知らなかったので、是非機会があれば観てみようと思っています。

でも、関西方面(とくに京都)での上映はなかか難しいのでしょうね。でも期待をかけて…

投稿: 御堂 | 2006年10月 1日 (日) 19時11分

御堂様
コメント有難うございます。

現在、京都映画センター、大阪映画センターなどから引き合いをいただいており、大阪・京都・神戸・和歌山などで上映会開催の話が出ていますが残念ながら現段階では具体的な日程・会場が発表できる状況ではありません。今しばらくお待ちいただきたいと思います。
そして可能であれば京都での上映会をご検討いただければ幸いです。

投稿: shozo | 2006年10月 2日 (月) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176667/12058139

この記事へのトラックバック一覧です: 田中正造記念館開館行事:

» 田中正造がかるたに 足尾鉱毒問題に捧げた生涯(中日新聞2006-09-05) [歴史~飛耳長目~]
国内の公害事件の原点とされる足尾鉱毒問題に生涯を捧げた田中正造。その功績などをまとめたかるたを、館林市の特定非営利活動法人(NPO法人)「足尾鉱毒事件田中正造記念館」が作製した。広瀬武理事長は「かるたを通して鉱毒問題を子どもたちに学んでもらいたい」と話し..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 19時02分

» 田中正造記念館、明日開館 足尾鉱毒事件(上毛新聞2006-09-30) [歴史~飛耳長目~]
NPO法人足尾鉱毒事件田中正造記念館は1日、館林市足次町に同記念館をオープンする。公害問題の原点といわれる足尾鉱毒事件や田中正造について、約500点に及ぶ資料やビデオなどで紹介。事件に深い関わりのある地として、「事件を風化させてはいけない」と思い続けてき..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 23時34分

« 東京上映会など | トップページ | 佐野上映会(二日目) »