« 館林ファンblog | トップページ | 佐野市上映会 »

2006年6月18日 (日)

全国食健連

6月18日(日)、東京新宿の「新宿農協会館」において

国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会(全国食健連)第17回(06年度)総会が開催され、映画「赤貧洗うがごとき」上映運動との連携が確認されました。

以下は確認された「方針」の抜粋です。

文化運動との連携、地域の多様な運動との連携も

① 食文化や伝統食を掘り起こし伝える活動に見られるように、食と健康、そしてそれを支える農林漁業を守る運動は、常に地域の文化や伝統を守る活動と表裏一体のものとして展開されてきました。このことが“食”を真ん中に置いた活動のエネルギーを生みだしていることに学び、全国で楽しい、より豊かな活動をすすめましょう。

② また、これまでも映画や演劇を通して、食や地域を守る活動を豊かにしてきました。いま田中正造の活動に学ぶ『赤貧洗うが如く』(ママ)上映運動がすすめられています。この運動とも連携し、地域を守る農民・労働者のエネルギーを、いま改めて運動に生かしましょう。

以上です。

|

« 館林ファンblog | トップページ | 佐野市上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176667/10582692

この記事へのトラックバック一覧です: 全国食健連:

« 館林ファンblog | トップページ | 佐野市上映会 »